Sennin Memos

Apr 18

読書の時間

読書とは、突き詰めていくと、孤独の喜びだと思う。
人は誰しも孤独だし、人は独りでは生きていけない。
矛盾してるけど、どちらも本当である。書物というのは、
この矛盾がそのまま形になったメディアだと思う。
読書という行為は孤独を強いるけど、独りではなしえない。
本を開いた瞬間から、そこには送り手と受け手がいて、
最後のページまで双方の共同作業が続いていくからである。
本は与えられても、読書は与えられない。
読書は限りなく能動的で、創造的な作業だからだ。
自分で本を選び、ページを開き、
文字を追って頭の中で世界を構築し、
その世界に対する評価を自分で決めなければならない
それは、群れることに慣れた頭には少々つらい。
しかし、読書がすばらしいのはそこから先だ。
独りで本と向き合い、自分が何者か考え始めた時から、
読者は世界と繋がることができる。
孤独であるということは、誰とでも出会えるということなのだ。

「小説以外」 恩田陸 新潮社 p.179 (via boooook) (via nemoi) (via jacony) (via plus16hours) (via doggylife) (via ak47) (via quote-over100notes-jp) (via non117) (via kirisaki) (via k32ru) (via suyhnc) (via uo—chan) (via shortcutss) (via subdub)

“私見では史上最高のメディアアートは風鈴かな。風を音に変換してしかも涼味を感ずるとは高度すぎる。” Twitter / @rkmt (via takadat)

(via subdub)


Apr 12
すぐ幸せになれる、ちょっとしたこと5つ
・ほほえむ
・背筋を伸ばして大股で歩く
・声をあげて笑う
・お茶の時間など、小さな瞬間を楽しむ
・ほかの人に親切にする

毎日の習慣になると幸福になる6つのこと
・祈る
・動物と遊ぶ
・感謝の日記をつける
・楽しい音楽を聴きながら協力しあう
・睡眠を十分にとる
・公園に散歩に出かける

少しがんばると幸せにつながる5つのこと
・運動する
・瞑想する
・ボランティア活動に参加する
・旅行に行く
・乜ッ久する”
科学が証明した「すぐ幸せになれる16の方法」 | ライフハックちゃんねる弐式 (via igi)

(via noriichi)


“「趣味を仕事にしてはいけない」というのは誤解で、「受信して楽しむ人が、発信者側に回って楽しめるとは限らない」というのが正解だと思う” Twitter / Aoba: 「趣味を仕事にしてはいけない」というのは誤解で、「受 … (via n-enot) (via mechiko) (via jinakanishi) (via akiba) (via gkojax)
2009-06-25 (via gkojay) (via jinakanishi) (via petapeta) (via yaruo) (via motomocomo)

若者が酒を飲まない理由が解った。昔は酒を飲んでウサをはらすしかなかった。まさに飲まなきゃやってられないという状態。酒を飲んで酔ってさえいれば、先輩だろうが上司だろうが、少々の暴言はokだったし、「先輩は何も解っていない!」とか「課長はなんでボクばっかりに意地悪するんですか」といったような甘えも許された。むしろ、酒の席ではそうやってガチで激論をする事が良いとされた。そして飲んで笑って泣いて会社の人達との一体感を高めていった。会社でなくとも、親戚、友人などとの関係もそうやって作り上げていくものだった。

こうやって酒を飲む事で、他人の考えている事を知ったり、自分の考えている事を発言したり、理想と現実のスリ合わせやら、会社では教えてくれないような事なんかを学んでいった。もちろん、全員が全員では無いけど、概ね、そうやって大人になって行くものだった。それが20世紀だ。酒という飲み物そのものの魅力もあるが、たんにアルコールという成分が必要だったんだろう。

さて、若者は酒を飲まない。こちら側からすると、そんなんで人生の機微はわからんだろう、何も知らんクソガキめとなるわけだが、実は全くそうではない事に気が付いた。21世紀の若者は酒なんか飲まなくても、自由に感情をありのままに発露できるネットがある。仲良くできるやつを探して、同じもの、同じ体験を共有することもできる。もちろん、泣いたり笑ったりもできる。悩みも聞いてくれるし、同じ悩みを持つやつと知り合いにもなれる。適切なアドバイスがもらえたり、別の角度からの意見ももらえたり。年齢、地位を問わず知り合いになれる。周囲との一体感を持つくらい簡単なのだ。アルコールなんて必要無い。携帯、もしくはPCと回線があればいいのだ。アルコールより健康的で、経済的で、かつ優れている。

だからこそ、会社人間である必要も無くなる。人間は寂しがりやだから、どこかで何かと繋がっていたい。一体感を持ちたい。20世紀の人間は家族や会社で繋がっていれば寂しくも無かったし、スキルも上げられる、人間も大きくなれるという感じだった。家族と会社と酒があれば、良かった。しかし、21世紀の若者にとって、会社とは自分の才能と時間をお金に変えてくれる装置でしかない。寂しさを解消したり、スキルを上げたり、楽しい事は全てネットにあるのだ。酒が必要な場面など無いのだ。

酒はもうすでに昔の人が利用していた便利なツールになってしまった。今はgoogleで検索すると色んな事が調べられる。昔は酒を飲んで、hogehogeっていったいなんなんだよ。と誰かに言う必要があった。目の前の人が知っていれば教えてくれるか、誰それに聞けばいいよと教えてくれた。もうほんとに酒って20世紀の便利ツール。

だから、21世紀の若者は以上に書いた点については、酒なんか飲む必要は無い。酒をツールとして使う必要は無いんだ。胸をはって酒を飲まないでいい。ただ、酒は20世紀の便利ツールだったという事を覚えておいて欲しい。その使い慣れた便利ツールを愛用する人がいる事を知っておいて欲しい。ネットを使いこなす人達は、ネットを使いこなせなかったり、ロクに使えない人を軽蔑したり、バカにしたりするだろう?酒を飲むオジサンにしてみれば、酒という便利ツールを使いこなせない、使おうとしない人を、ついバカにしてしまったりするんだ。同じなんだよ。

そう、みんな同じなんだよ、飲むやつも飲まないやつも。だからさ、下らない言い争いなんて止めてさ、ゆっくり飲もうよ。

もちろん、酒じゃなくていいよ。水でもお茶でも。

飲もうってのは、ゆっくり腹を割って話そうよって事だよ。

飲めば解り合えるよ。飲もうよ。

ん?飲めば解り合えるだなんて幻想?

うん、そうだよ、幻想だよ。

でも、飲めば解り合えるって事になってるんだよー

だから飲んでればいい。

20世紀に浸っていればいいんだよー

飲めば幸せなんてウソ。本当はみんな知ってる。

もちろん、ネットがあれば幸せなんてのもウソ。

幸せは酒にもネットにも無いよ。

どこにあるんだろうね。

今度、一緒に飲みながら探そうよ。

21世紀の若者が酒を飲まない本当の理由 (via petapeta)

(via otsune)


Apr 9
“土田「結婚というのは自分が好きな人の年老いてゆくのを見れる権利を得たことと思っている」” 土田晃之の嫁に学ぶ愛妻芸人の育て方 - てれびのスキマ (via openarms)

(via noriichi)


Apr 8
“小中学生の頃は、クラスに一人くらい「すごい可愛い子」っていた気がするけど、大人になって会社の中で「すごい可愛い子」って殆ど見ない。(そこそこ可愛い子ってのはいるけど)
あきらかに「すごい可愛い子」は野菜のごとく途中で選別されて、俺がいない世界に送り込まれてる”
Twitter / @ぱふ (via igi)

(via noriichi)


“電子レンジの完了音が味気ないから、クラブミュージックにしてほしい。作動中から既にBGMかかってて、終了15秒前くらいからシュウゥゥってブレイク入って、完了直前に「put your hands up!!!」って声とか入って、完了した瞬間からブチ上げてくるの。そんで踊りながら取るの。” ふぁぼったー / borujoa : 電子レンジの完了音が味気ないから、クラブミュージックにしてほしい。作動中から既にBGMかかってて、終了15秒前くらいからシュウゥゥってブレイク入って、完了直前に「put yo (via ssbt)
2010-11-13 (via gkojax-text)

(via noriichi)


chong2-ho1:

渡辺美優紀

(via reretlet)


“低予算邦画とハリウッド映画比べんなって言われたって、同じ映画館で公開してて、料金だって一緒なんだから比べんなって方がおかしいだろ” Twitter / Ryo1206 (via mug-g)

(via noriichi)


Page 1 of 3974